精力剤を毎日飲んでいたら風邪を引かなくなった話

社会人にとって厄介なことと言えば、『突然の病気』ですよね。学生のうちは「テストでもあとから受けられるし、別にいいや」って感じで休めるものの、仕事ではそうもいきません。あまりにも風邪を引きやすいと、かなり気まずいでしょう。

私もどちらかと言えば風邪を引きやすいタイプでして、1週間くらい休むことがありました。幸いにも有休を使わせてもらえたのですが、同じ部署の先輩にねちねちと注意されまして、「風邪だからしょうがないじゃん…」とも言えなかったのです。

そのため、社会人にとって『風邪を引きにくい体』というのは、かなり重要でしょう。「体質はどうしようもないのでは?」と考えるでしょうが、体質改善なんて言葉もあるように、風邪を引きやすいなら体質から変えていくべきです。

たとえば、毎日の運動は効果的でしょう。運動をすることで体が若返るため、風邪に対しても強くなります。インフルエンザで重症化するのはお年寄りが多いように、体が若いと風邪も悪化しにくくなるでしょう。

そして最近知ったのですが、『精力剤を飲むこと』も風邪を引きにくくするらしいです。「精力をつけてもどうにもならないのでは?」と思われそうですが、ネット上ではさまざまな面から検証が進められており、参考になりそうな意見もありました。

精力剤の多くに含まれている成分と言えば、やっぱり『亜鉛』です。亜鉛は精子をたくさん作れるようになるため、精力アップには確かに欠かせません。その上味覚向上にも役立つので、とりあえず摂っておいて損はしないでしょう。

そして亜鉛には、免疫力の向上という効果もあります。免疫力が高い人は風邪に対しても強くなるように、亜鉛を多く含む精力剤は、風邪に強い体も作ってくれるのです。こうした精力に効くサプリメントの成分を見ると分かりますが、どれも栄養バランスに優れており、欠乏しやすい栄養素も多く含んでいるでしょう。

私も風邪を引きたくなかったし、精力だってちょっと衰えていたから、亜鉛が多い精力剤を飲み始めました。さすがに免疫力の向上はすぐには分からないため、1年ほど続けて観察してみたのですが…。

ちょっと風邪っぽい日もありましたが、発熱するほどではなく、1年の間は休むこともありませんでした。これは風邪を引きやすかった私にとって、劇的な効果と言えるでしょう。

精力剤が気になっている人は、こういう恩恵もあるのを覚えておくといいかもしれません。ただ単にムラムラさせるだけでないと分かったら、お得感もありますよね?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *