精力剤の配合成分と含有量の関係

精力剤と聞くと、どんなものをイメージするでしょうか?

「下半身がギンギンになる」「常にムラムラする」そんなイメージをお持ちだと思います。

精力剤と聞くと、どんなものをイメージするでしょうか?

「下半身がギンギンになる」「常にムラムラする」そんなイメージをお持ちだと思います。

最近の精力剤は、昔に比べて配合されている成分の種類が増えたり、含有量が多い商品がたくさん販売されているので、活力アップに対する効果はかなり期待できるものとなっています。

ただ、効果が期待できるものが増えたと言っても、やはり効き目は人それぞれの様で、どんなに良い成分が配合されていてもまったく実感できない精力剤も多いようです。

自分もよくネットで精力剤を購入することがあるのですが、注文をする前は必ず、商品の口コミやレビューを見るようにしています。

人気の精力剤なんかは、ネットサーフィンをしていると色んなサイトで紹介されているのですぐに分かるんですが、口コミには必ずネガティブな発言も書かれています。

このネガティブな口コミを見て、自分が一番参考になったのは、精力剤は成分の種類が多ければ良いという訳ではないということです。

精力剤の成分で王道と言えば「マカ」や「亜鉛」「スッポン」や「マムシ」など多くのものがありますが、これらの成分が全部が全部配合されていては、1つあたりの含有量はかなり少ないということになりますよね。

どんなに良い成分が配合されていても、含有量が少なければ、体に作用する効果は微々たるものです。

こういった精力剤はおそらく1年飲み続けても効果は全然実感できないでしょうね。

なので、自分が購入する精力剤は、成分の種類が極力少なく、含有量が多いものを選ぶようにしています。

たくさんの成分が使われていた方が効果があるような気がしますが、1つの成分でも活力アップに作用するだけの含有量が入っていれば、十分に精力剤の効果を実感することができます。

実際に私が飲んでいる精力剤は「クラチャイダム」という成分だけしか配合されていない商品で、1箱飲み切ったときに得られる成分の量は、なんと15,000mg以上です。

含有量の少ない精力剤をダラダラと飲み続けるより、即効性を感じたい人はぜひ含有量を気にして購入するのがオススメですよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *